[K.M.Cooperative Blog-Akebono Phoenix] トマトシフォンケーキがラジオ番組に紹介されました。

京都ものがたり協同体メンバー「あけぼのフェニックス」の「野菜ソムリエが作るお米でできたトマトのシフォンケーキ」が11月25日のラジオKBS京都「3時のおやつ」コーナーに紹介されました。

「野菜ソムリエが作るお米でできたトマトのシフォンケーキ」


ふわっふわ、もちっもち お口の中でとろけるシフォン
お米と「トマト」が生み出す見事なハーモニー!
山里れすとらん「四季の詩」のオリジナル手づくりケーキです。地場産の材料にこだわり、完全無添加で一つ一つていねいに焼き上げました。
トマトの美味しさが、口の中で広がります。

トマトのシフォンケーキ

[K.M.Cooperative Blog-Yamaguni Sakigake Center] 山国さきがけフェスタ

「京都ものがたり協同体」のメンバー、「山国さきがけセンター」さんが、2012年10月14日、「山国さきがけフェスタ」に出店しました。
お米、納豆もち、紫蘇まち、みょうが味噌など、いろんな商品がありました。

「山国さきがけフェスタ」に出店している「京都ものがたり協同体」メンバー「山国さきがけセンター」

[K.M.Cooperative Blog-Akebono Phoenix] 京都こだわりマルシェ13

「京都ものがたり協同体」のメンバー、「あけぼのフェニックス」さんが、2012年10月14日、「京都こだわりマルシェ13」に出店しました。
18日オープン予定のれすとらんでのデザートで、手づくりじゃむそーすに合うシフォンケーキが新商品です。

「京都こだわりマルシェ13」に出店している「京都ものがたり協同体」メンバー「あけぼのフェニックス 松嶋さん」

[あけぼのフェニックス] [北斗農園] 京都ものがたり女性ブランド塾の参加

平成24年度京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金事業「京都ものがたり女性ブランド塾」へ京都ものがたり協同体のメンバ、「あけぼのフェニックス」の松嶋さんと「北斗農園」の上柿さんが参加しました。

あなたの商品を「売れる商品」へ!
「京都ものがたり女性ブランド塾」
主催:ネットショップ京都ものがたりプラットフォーム
共催:京都府男女共同参画センターらら京都
協力:京都女性起業家協議会

「京都ものがたり女性ブランド塾」

「あけぼのフェニックス」の松嶋良子さん

「北斗農園」の上柿みほさん

[あけぼのフェニックス] 山里れすとらん「四季の詩」の手づくりシフォンケーキ

京都ものがたり協同体「あけぼのフェニックス」の山里れすとらん「四季の詩」が10月オープン予定です。
その山里れすとらん「四季の詩」の手づくりシフォンケーキです。写真は一人用のフォンケーキ。
「あけぼのフェニックス」のじゃむそーすと合う美味しいシフォンケーキです。

シフォンケーキ

[山国さきがけセンター] 頑張る農業法人:伝統の納豆餅を継承

京都ものがたり協同体の「山国さきがけセンター」が2012年8月17日 日本農業新聞 頑張る農業法人コナーに掲載されました。

2012年8月17日 日本農業新聞

[あけぼのフェニックス] 松嶋良子さんの「京都府女性のための起業セミナー」第13期生修了発表会

2012年7月18日、京都テルサ D会議室で
平成24年度「京都府女性のための起業セミナー」(主催:京都府男女共同参画センター らら京都)の
第13期生、16名の修了発表会がありました。
京都ものがたり協同体の「あけぼのフェニックス」の松嶋良子さんが
『創作田舎料理 山里れすとらん「四李の時」』の事業について9番目に発表しました。
「四李の詩」は京都舞鶴、大江ICから車で3分の山里れすとらんで、2012年10月4日オープン予定です。
(10月オープン記事を楽しみに…)

「京都府女性のための起業セミナー」は女性のチャレンジ支援事業として、平成16年度にスタートしたセミナーです。
(詳しくは、京都府男女共同参画センター らら京都のホームページへ)

京都ものがたり協同体 「あけぼのフェニックス」の松嶋良子さんが発表している写真


 

2012年7月19日(木)京都新聞

[京都・京北つけもの工房いぶり] 新企画CO-COサロン 起業セミナー&相談会 第10回

京都府男女共同参画センター・NPO法人京都女性起業家協議会 主催 CO-COサロンの講師として、
京都ものがたり協同体 「京都・京北つけもの工房いぶり」 代表 一瀬裕子さんに、
「商品開発のポイント ~京北 北山杉への想いを商品へ~」をテーマにお話いただきました。

(左) 「京都・京北つけもの工房いぶり」 代表 一瀬裕子さん
(右) 「NPO法人京都女性起業家協議会」 理事長 篠原美佐子さん

身体の半分は林業でできてます。

京都市内から嫁ぎ、家業の材木業に携わり続け、「身体の半分は林業でできてます」と仰る一瀬さんは、京北の林業を何とかしたいと想う気持ちを口に出して人に伝える中で、商品作りのきっかけとなる保健所の所長さんに出会いました。
その出会いをきっかけに、北山杉を使ったお土産品「いぶり干したくわん」の商品化に繋がりました。
日本にとどまらず、中国へ、フランスへ、次のステージへと一瀬さんの夢は続きます。.

本日のCO-COサロンでは、人との出会いを大切にする一瀬さんから、
真実を口に出すこと、夢を持ち続けることの大切さをお教えいただきました。

なお、その場で試食させていただいた「七福漬」は、
ご飯のお供だけでなく、お酒のお供としてもいただける逸品です。

新企画CO-COサロン 起業セミナー&相談会 <第10回>

[日 時] 2012年3月7日(水)18:30~20:30
[場 所] 京都テルサ東館2階 らら京都 交流コーナー
[テーマ] 商品開発のポイント ~京北 北山杉への想いを商品へ~
[講 師] 京都・京北つけもの工房いぶり 代表 一瀬裕子.

京都市内に生まれ育ち、京北にお嫁にきて、毎日、朝から日が暮れるまで山仕事、丸太磨 きなど、体力的にもつらい仕事にも従事。その後は、女性の林業研究グループを立ち上げたり、ペンション「愛宕道」を開業するなど、地元で活躍。昨年12月より京都府内の女性たちが地元産の食材で作った加工品を販売する「ネットショップ京都ものがたり」でいぶり干したくわん等を販売している。

※平成23年度のCO-COサロンの最終回でした。

[美山おもしろ農民倶楽部] 手造りハム工房

美山おもしろ倶楽部さんのカフェレストランがあります。
美山かやぶきの里は最近では、観光バスがたくさん訪れる観光名所です。かやぶきの里のすぐ近くに位置します。

お店のメニューなどのデザインも裕美さんによるもの。
随所にセンスがひかります。

「工房もですが、ここ美山では、女性の活躍が大きい。それがなかったら成り立たないですね。」

裕美さんの「ママ友」による書。
創業以来ずっとお店の壁に掲げられている。

みんなが主(あるじ)。年を重ねてからも仕事を続けられる里山に

窓から爽やかな緑の光が差し込む。

美山も高齢化社会への不安を抱えています。「この集落は『上ヶ城(うえがじょう)』と言うのですが…、まずはここでみんなが年をとってからも農作業がつづけられるように、集落としての循環の仕組みを作りたいんです。たとえば豚の放牧が出来ないかと。彼らに要らない草を食べてもらって肥料も出来て、というように。」
洋一さんの言葉をうけて窓の外を見れば、広がる野畑いちめん、今にもその光景が浮かびあがってくるように感じました。

併設のカフェでは、国産小麦と自家製卵を使ったケーキやソーセージの盛り合わせ、オーガニックのコーヒーなどがいただけます。木の扉をあければこの冬一番の薪ストーブが迎えてくれました。

店内には美山の多くの製品が所狭しと並ぶ
オーナーの美山を思う気持ちを感じる店内

ワイルドな味わい一押しの『鹿ソーセージ』

メニューのなかから「鹿ソーセージ」をいただきました。鹿肉ならではのワイルドな味わいに仕込まれたスパイスが絶妙で、食べやすく、じつにフレッシュです。

あまりに美味しかったので、カフェ担当の吉田さんに調理のコツを伺いました。
「ボイルは3分ほど。あまり長いと旨味を逃しますのでね。それからもうひと手間、フライパンで焼き目をつけます。さっと軽く。美味しさがさらに引き立ちますよ。」

なるほど、わたしたち京都ものがたりスタッフもさっそく試しました。
「美味しい!」「ほんと、腕があがったみたい!笑」

里山からの贈り物・安心食材の手作りソーセージ、ハムを、どうぞご家庭の食卓で召し上がり下さい。
美山ならではの風味をぞんぶんに味わっていただくために、3分ボイル+焼き目入りで、ぜひ!