京都ものがたり協同体ブログ

[京都・京北つけもの工房いぶり] 新企画CO-COサロン 起業セミナー&相談会 第10回

京都府男女共同参画センター・NPO法人京都女性起業家協議会 主催 CO-COサロンの講師として、
京都ものがたり協同体 「京都・京北つけもの工房いぶり」 代表 一瀬裕子さんに、
「商品開発のポイント ~京北 北山杉への想いを商品へ~」をテーマにお話いただきました。

(左) 「京都・京北つけもの工房いぶり」 代表 一瀬裕子さん
(右) 「NPO法人京都女性起業家協議会」 理事長 篠原美佐子さん

身体の半分は林業でできてます。

京都市内から嫁ぎ、家業の材木業に携わり続け、「身体の半分は林業でできてます」と仰る一瀬さんは、京北の林業を何とかしたいと想う気持ちを口に出して人に伝える中で、商品作りのきっかけとなる保健所の所長さんに出会いました。
その出会いをきっかけに、北山杉を使ったお土産品「いぶり干したくわん」の商品化に繋がりました。
日本にとどまらず、中国へ、フランスへ、次のステージへと一瀬さんの夢は続きます。.

本日のCO-COサロンでは、人との出会いを大切にする一瀬さんから、
真実を口に出すこと、夢を持ち続けることの大切さをお教えいただきました。

なお、その場で試食させていただいた「七福漬」は、
ご飯のお供だけでなく、お酒のお供としてもいただける逸品です。

新企画CO-COサロン 起業セミナー&相談会 <第10回>

[日 時] 2012年3月7日(水)18:30~20:30
[場 所] 京都テルサ東館2階 らら京都 交流コーナー
[テーマ] 商品開発のポイント ~京北 北山杉への想いを商品へ~
[講 師] 京都・京北つけもの工房いぶり 代表 一瀬裕子.

京都市内に生まれ育ち、京北にお嫁にきて、毎日、朝から日が暮れるまで山仕事、丸太磨 きなど、体力的にもつらい仕事にも従事。その後は、女性の林業研究グループを立ち上げたり、ペンション「愛宕道」を開業するなど、地元で活躍。昨年12月より京都府内の女性たちが地元産の食材で作った加工品を販売する「ネットショップ京都ものがたり」でいぶり干したくわん等を販売している。

※平成23年度のCO-COサロンの最終回でした。