[京都ものがたりFestival's Enjoy‐京都市伏見区深草藪之内町] 火焚祭‐伏見稲荷大社

京都府京都市伏見区深草藪之内町にある「伏見稲荷大社」は711年(和銅4年)2月初午、稲荷山に大神様がはじめて鎮まられたことを起源としています。
元々の農業神から商業神、屋敷神へと拡大し、現在は、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、芸能上達等の守護神として信仰されています。
「お稲荷さん」は全国各地に3万社もあると言われています。
교토후(부)-교토시-후시미구에 위치한 「후시미-이나리다이샤」는 711년 2월에, 이나리-야마(산)에 존귀한 신이 오신것을 기원으로 하고 있습니다.
처음에는 농업신에서 상업신, 부지신으로, 현재는 오곡풍작, 상업번창, 가족안전, 예능숙달등의 수호신으로 확대되었습니다.
‘이나리’는 일본 전국각지에 3만 군데나 있다고 합니다.

「伏見稲荷大社」の本殿

11月8日の秋の収穫の後には「火焚祭」が行っています。
「火焚祭」は五穀の豊饒をはじめ万物を育てたもう稲荷大神のご神恩に感謝する祭典です。
11월8일, 가을수확을 마치고 「히타키사이」가 열리고 있습니다.
「히타키사이」는 오곡의 풍요함을 시작으로 만물의 육성을 내려주신 이나리대신의 은혜에 감사하는 행사입니다.

13時からは本殿の祭典があり、14時からは神苑斎場で、全国崇敬者から奉納された数十万本の火焚串を焚きあげ、宮司以下神職をはじめ参列者一同、大祓詞を奉唱して、罪障消滅、万福招来を祈ります。
전국의 숭배자에게 봉납받은 수십만개의 호마목*을 태우고, 신사의 우두머리인 신관이하 신사에서 종사하는 사람들을 시작으로 참석자 일동은 大祓詞*(오하라에노코토바)를 봉창하고, 죄장*소멸과 만복초래를 기원합니다.
*’호마’란 블교에서 불을 피우며 그 불 속에 공양물을 던져 넣어 태우는 의식을 말합니다.
*’大祓詞(오하라에노코토바)’란 神道(신도)의 축시 중 하나입니다.
*’죄장’이란 불교에서 극락왕생이나 성불을 가로막는 죄업을 말합니다.

「伏見稲荷大社」の「火焚祭」‐本殿の祭典(13時~)


「伏見稲荷大社」の「火焚祭」‐本殿の祭典(13時~)


「伏見稲荷大社」の「火焚祭」‐(14時~)


「伏見稲荷大社」の「火焚祭」‐(14時~)

[京都ものがたりFestival's Enjoy‐山国さきがけフェスタ2012] 「今再びさきがけの心で豊かなまちづくり」の第17回山国さきがけフェスタ

「山国さきがけフェスタ実行委員会」主催の「第17回 山国さきがけフェスタ」が京都市右京区京北町の山国神社参道付近でありました。

第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」

第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」


第17回「山国さきがけフェスタ」

[京都ものがたりFood's Enjoy‐京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町] 京都こだわりマルシェ13

「府庁旧本館マルシェ実行委員会」主催の「京都こだわりマルシェ13」が2012年10月14日(日)10:00~15:00にありました。
食にごだわる方々が集まっているマルシェ、美味しいものがいっぱいあるマルシェ、重要文化財に指定されている京都府庁旧本館でのマルシェです。
次は2013年3月10日予定です。

2012년 10월 14일 일요일 10시부터 15시까지, 교토부청구본관에서 열린 <교토코다와리마르쉐13>에 다녀왔어요.
교토부청구본관은 일본중요문화재로도 지정되어 있어요. 이 마르쉐는 “식”에 관련된 여러 점포들이 참가하는 곳으로 다음은 내년 3월 10일 예정이에요.

「京都こだわりマルシェ13」

「京都こだわりマルシェ13」


「京都こだわりマルシェ13」

「京都こだわりマルシェ13」


「京都こだわりマルシェ13」

「京都こだわりマルシェ13」


「京都こだわりマルシェ13」

「京都こだわりマルシェ13」


「京都こだわりマルシェ13」

「京都こだわりマルシェ13」


「京都こだわりマルシェ13」

[京都ものがたりFood's Enjoy‐京都市上京区枡屋町] タイキッチン パクチー

京都で、本番のタイ料理が食べたかったら、河原町丸太町にあるタイキッチン「パクチー」へ行きます。
店に入ったら、タイ人と日本人のスタッフと“サワディーカー”で挨拶してみましょう。
교토에서 타이음식을 먹고싶으면, 가와라마치마루타마치에 있는 파쿠치로 갑니다.
타이,일본 스탭들이 사와디캅~하고 인사를 해보아요.

タイキッチン パクチー 丸太町店

[2012年9月21日金曜日]
今日のランチはお米の麺の屋台スタイル「屋台のタイラーメン」とタイの焼きそば「パッタイ」にしました。

屋台のタイラーメン(580円)

パッタイ(630円)

[2012年9月4日火曜日]
今日のランチはそんなに辛くない「グリーンカレー」とチリソースをかけて食べたらもっと美味しい「生春巻き」にしました。

テーブルの基本セッティング

ランチのグリーンカレー(580円)と生春巻き(3個150円)

[京都ものがたりShrine's Enjoy‐京都市左京区岡崎西天王町] 平安神宮神苑

京都府京都市左京区岡崎西天王町にある「平安神宮」は1895年(明治28年)3月15日に創建、ご祭神は「第50代桓武天皇」、「第121代孝明天皇」です。
교토후(부)-교토시-사교구에 위치한 「헤이안진구」는 1895년 3월 15일에 창건되었으며, 「50대간무천왕」과「121대타카아키천왕」을 이 신사의 신으로 모시고 있습니다.

「平安神宮」のアクセスは
市バス5系統、46系統、100洛バスのバス停「京都会館美術館前」からすぐ、市バス32系統のバス停「京都会館美術館・平安神宮前」から徒歩5分、地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分です。
「헤이안진구」는
교토시버스 5번, 46번, 100라쿠버스의 버스정류장인 「京都会館美術館前」에서 바로, 교토시버스 32번의 버스정류장인 「京都会館美術館・平安神宮前」에서 도보5분, 지하철토자이센(선)「東山駅」에서 도보10분 거리에 있습니다.

「平安神宮」の「應天門(神門) 」

「平安神宮」の「白虎楼(左)」、「大極殿(右)」

「平安神宮神苑」は池泉回遊式の近代日本庭園で、
社殿を南(南神苑)、西(西神苑)、中(中神苑)、東(東神苑)の四つの庭に囲まれています。広さは約東京ドーム1個分です。
「헤이안진구-신엔」은 회유(유람)식 근대일본정원으로,
미나미(남)신엔, 니시(서)신엔, 나카(중심)신엔, 히카시(동)신엔, 4개의 정원으로 이루어져 있습니다. 넓이는 도쿄돔크기 정도입니다.
(*「신엔」은 신사(神社)의 경내 또는 경내의 정원을 뜻함)

9月19日午前8時30分~午後4時30分は「南神苑」に「平安の苑」が開設された日を記念し、「平安神宮神苑」を無料で公開しています。
9월19일 오전8시30분~오후4시30분은 「미나미(남)신엔」에 「헤이안노엔」이 개설된 날을 기념하여, 「헤이안진구신엔」을 무료로 공개하고 있습니다.

「平安神宮神苑」無料公開

「西神苑」には明治28年、平安遷都1100年を記念し、京都市に敷設された日本はじめての電車「チンチン電車」が残っています。
「니시(서)신엔」에는 1895년, 헤이안천도 1100년을 기념하여 교토시내에 부설한 일본 최초의 전차 「칭칭텐샤」가 있습니다.

「南神苑」のチンチン電車

「東神苑」には大正の始めに京都御所より御下賜された「泰平閣」、「尚美館」があります。
「히가시(동)신엔」에는 교토고쇼에서 하사받은 「타이헤이카쿠」와「쇼비칸」이 있습니다.

「東神苑」の「泰平閣(左)」と「尚美館(右)」

「泰平閣」から

「泰平閣」からの「尚美館」

[京都ものがたりTemple's Enjoy‐京都市左京区田中下柳町] 常林寺

「萩のてら 常林寺」は川端通り今出川上がる、京阪電車「出町柳駅」の近くにあるお寺です。

萩のてら 常林寺

2012年9月16日19時、「萩のてら 常林寺]の本堂で、アコーディオン奉納演奏がありました。
演奏は「モガブティック◆スパンコール リエコ」さんでした。

「常林寺」のアコーディオン奉納演奏

演奏の「モガブティック◆スパンコール リエコ」さん

[京都ものがたりFestival's Enjoy‐石清水祭2012] 男山山上にある「石清水八幡宮」の「石清水祭」へ

京都府八幡市、男山山上にある「石清水八幡宮」の「石清水祭」へ出かけました。
深夜2時に、現地到着予定で、京都市内を1時過ぎに出発。
暗闇の中、数人の人の群れとともに、境内に入ってゆきました。

カメラ撮影準備をしている人が10人ほど、まだまだ準備段階なのか?
明かりは、提灯の火だけが頼りでした。

提灯のあかりは、とても幻想的で、タイムスリップしたような気持ちになりました。
厳粛な「石清水祭」は、神に仕える方と、地域の方が参加されているように感じました。
「石清水八幡宮」は、男山ケーブル「男山山上駅」から徒歩5分です。(男山ケーブルは京阪電車「八幡市駅」の近くです。)

午前3時頃に行う御鳳輦発御(ごほうれんはつぎょ)は
八幡大神様を乗せた三基の御鳳輦(御神霊の乗り物/神輿の原型)を中心に約500名の神職・楽人、また神人(じにん)呼ばれるとお供の行列が松明や提灯の灯りだけを頼りに山上の御本殿から山麓の頓宮へと向います。(石清水八幡宮のホームページから)

「石清水祭」の「御鳳輦発御」

「石清水祭」の「御鳳輦発御」

「石清水祭」の「御鳳輦発御」

午前4時15分頃に行う頓宮神幸の儀(とんぐうしんこうのぎ)は
上卿以下が頓宮舞台西側に列立する中[この整列の姿が渡り鳥の飛ぶ様に似ていることから雁列(がんれつ)と呼ばれている]、三基の御鳳輦が著御。神宝御剣が殿内に移されたのち入御されます。(石清水八幡宮のホームページから)

「石清水祭」の「頓宮神幸の儀」

「石清水祭」の「頓宮神幸の儀」

「石清水祭」の「頓宮神幸の儀」

「石清水祭」の「頓宮神幸の儀」

[京都ものがたりFood's Enjoy‐舞鶴市本51] パン工房 コムギ屋

「京都駅」からJR特急で、約1時間30分の距離にある京都府北部「舞鶴」、その「西舞鶴駅」から徒歩10分内、昨年12月にオープンしました「パン工房 コムギ屋」があります。
お店のインテリアやデコレーションには女性オーナーの森下さんのセンスが見えます。
京都ものがたり協同体メンバーの「あけぼのフェニックス」松嶋さんの紹介で、簡単な撮影が出来ました。次回は女性オーナーとしての話なども聞きたいと思いました。^^
「교토역」에서 특급전철로 1시간30분을 가면 교토북부지방인 「마이즈루시」가 있고, 그 「니시마이즈루역」에서 도보10분거리에 작년12월에 오픈한 「팡코보 코무기야」가 있습니다.
(*’팡코보’는 ‘빵공방’을, ‘코무리야’는 ‘밀가루집’이나 사람일 경우는 ‘밀가루쟁이’를 뜻합니다.)
여성오너 모리시타씨의 센스가 돋보이는 인테리어와 테코레이션으로 가게가 꾸며져 있습니다.

パン工房 コムギ屋

パン工房 コムギ屋

パン工房 コムギ屋

「パン工房 コムギ屋」の森下さん

「パン工房 コムギ屋」

「パン工房 コムギ屋」

[京都ものがたりlocal's Enjoy‐木津川市加茂町] 恭仁宮跡

木津川市加茂町に残る、恭仁宮(くにきゅう)跡。奈良時代から平安京遷都の間、恭仁宮という都が一時期ですがあった場所です。

山城国分寺跡の礎石の上には、今はなき七重塔が建っていたのは、今から約1270年も前のこと。どんな景色が広がっていたのでしょうか。今は緑の美しい景色が広がっています。

恭仁宮跡


山城国分寺跡の礎石


山城国分寺の横にある木造建ての恭仁小学校

[京都ものがたりlocal's Enjoy‐京都市伏見区中島鳥羽離宮町] 城南宮の菊水若水

油小路通を南へ下ると東西にと「城南宮通」の道があり、西へ進むと「城南宮」へ続く参道となっていました。

城南宮の鳥居の手前には、手と口を清める手水舎(てみずしゃ)がありました。そして、ペットボトルを片手に菊水若水の井のお水を汲む男性がいらっしゃいました。
お尋ねすると、お近くにお住まいなのでお水を汲みにいらっしゃるそうです。

城南宮の菊水

ペットボトルに菊水を汲む男性

菊水若水の傍の立札には「城南宮の菊水の井の水を飲むと、あらゆる病が治るというので毎日参詣人が絶えない、法皇の歯痛も治った」と江戸時代の随筆に書かれていたという記載がありました。
病ではなかったのですが、城南宮の菊水の井の水でほんの少し元気をいただいて帰りました。

菊水若水の立札