[Blog-2012.10.23]「フレアス舞鶴」での中丹・丹後地区交流会

「きょうと発 地元農産物・加工品を使った観光客向け商品づくり交流会」の中丹・丹後地区交流会が、10月23日にフレアス舞鶴で開催されました。

【第一部(午前)】

第一部(午前)は「付加価値のある商品づくり ~牛とともに生きる工房~」のテーマで、講師に丹後ジャージー牧場ミルク工房そら 取締役 工房長 平林 文子 さんをお招きして講演いただきました。
講演は、平林さんとNPO京都女性起業家協議会 理事長 篠原美佐子とともに談話形式で始まりました。

平林さんから、工房立ち上げのきっかけ、商品への思いなどをお話いただきました。
そして、参加者にも商品づくりや、お話を聞いた感想、担い手への思いについて参加いただき、意見交換をすることができました。

牛(ジャージー牛)とともに生きる工房でつくるからこそ、本当の牛乳のおいしさを伝えたい、そんな思いがギュッと詰まっていることが、平林さんのお話から伝わってきました。
それは商品づくりだけでなく、工房にも息づく丹後ジャージー牧場 ミルク工房そらさんからのメッセージなのだと感じました。

第一部 講演「付加価値のある商品づくり」

【第二部(午後)】

第二部(午後)は地元農産物を使って、2つのテーマで話し合いました。
(1)ターゲットの絞り込み・コンセプト開発
(2)顧客に求められる価値提案

3つのグループに分かれ、ファシリテーターの方ととともに、農業者や加工業者など、業種の異なる方がそれぞれの意見を出しあいながらテーマについての話し合いが進められました。ワークショップが始まったときは、皆さん神妙な面立ちだったのが、少しずつほぐれていき、最後には笑顔の中での話し合いとなりました。

3グループとも、複数の地元農産物を使って、それぞれ異なる商品が企画されました。

◆地元農産物:米・米粉、黒大豆、茶、栗、万願寺とうがらし、ぶどう、枝豆(紫ずきん)、きゅうり、水菜、ミニトマト、山ぶき、鶏卵
◆ターゲット:国際フェリーで舞鶴港へ入港した外国人観光客、60代女性

中間発表では、商品が具体的になったグループ、ターゲットの絞り込みに時間を割いたグループと異なりました。
売れそうだという意見から中間発表は「企業秘密」というグループもありました。

第二部 ワークショップ Aグループ

第二部 ワークショップ Bグループ

第二部 ワークショップ Cグループ

最後の全体発表では、各グループがワークショップで企画した商品についての発表でした。どのグループも、自分たちが企画した商品について自信に満ちた発表となっていました。

第二部 ワークショップ 全体発表
Aグループ

第二部 ワークショップ 全体発表
Bグループ

第二部 ワークショップ 全体発表
Cグループ

交流会の風景は、【Facebook】にてご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
>;>;Facebookページへ

【次回】

次回は、11月5日(月)に京都市・山城地区交流会(会場:京田辺市商工会館)で開催します。
是非、たくさんのご参加をお待ちしております。

;

■中丹・丹後地区交流会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日 時:平成24年10月23日(火) 10時半~16時半
場 所:フレアス舞鶴(舞鶴市中総合会館5F) セミナールーム
内 容:
第一部(午前)講演「付加価値のある商品づくり ~牛とともに生きる工房 」
  有限会社丹後ジャージー牧場
  取締役 工房長 平林 文子 氏
第二部(午後)ワークショップ
(1)ターゲットの絞り込み・コンセプト開発
(2)顧客に求められる価値提案