[PR-Page044] aromatic きょうと 田中 智子 さん

 

[京都府・宇治(山城北)] ソーシャルアロマセラピスト

「aromatic きょうと」
 田中 智子 さん

活動内容
認定アロマセラピスト、ソーシャルアロマセラピスト、ハーブコーディネーター
日本茶とハーブのオリジナルブレンドハーブティーの開発、販売
国産、京都にこだわったアロマセラピー
FMうじパーソナリティ「其の時doki!晴れ」毎月第3水曜日PM12:30~12:50
アロマ基礎講座開催
京都市山科知的障害者デイサービスセンター「ブランコ」アロマ技術指導、講師
京都市障害者職業能力開発等支援事業所アロマ事業講師

商品への思い
アロマセラピストの私が暮らす町、宇治。
その宇治の特産である緑茶とアロマの基本であるハーブを京都産にこだわった『京の和のハーブティー®』は、「宇治緑茶」「京丹後産有機桑葉茶」「亀岡産カモミール」を使用しており、緑茶に親しみの薄れてきた世代から、ハーブティーが苦手な世代の方にも、幅広い世代の方に親しみやすく飲みやすい、心とからだにやさしいお茶です。
出会いとご縁をひとつずつ紡いだオリジナルブレンドです。
日本茶もハーブの仲間、植物です。
洋の東西を問わず植物のもつ力を、おだやかに身体に取り入れて活用し、からだの健康にも繋がるお茶を作りたい、ストレス社会と言われる現代に、植物の持つチカラと心地よい香りでホッと癒され、リラックスできるお茶を作りたいと思いました。
ホッと癒されるお茶を作るのであれば京都に生まれ、暮らしている町お茶処「宇治」の特産である緑茶と京都産のハーブを使って京都ブランドで作りたいと思い、「京の和のハーブティー®」を開発しました。
健康を意識される方、美容に意識の高い方、ハーブティーに興味はあるけれど苦手という方にお勧めです。

more
材料は、お茶摘みやハーブ摘みを実体験し、目で見た安心な材料を使用しております。
◆京丹後の有機の桑葉茶
自然界では桑の葉だけに含まれているDNJは糖の吸収を抑制する作用があるとされ、生活習慣病の気になる方にお勧めのハーブです。(京丹後市 ㈱三徳美健)
◆和束町の煎茶と碾茶の茎
ピュアな宇治茶、渋みと甘みの絶妙なバランス(和束町 おぶぶ茶苑)
◆亀岡のジャーマン・カモミール
りんごのような甘い香りがホッと気持ちを穏やかにしてくれます。(亀岡市 青空ふれあい農園・ハーブ倶楽部)

いままで京都府内の地域活性化や地域活動をしている方々に出会い、そことつながってビジネスに取り組むことが自社のスタンス、ポリシーです。
課題としては、京都産ハーブの調達です。
今後は放棄農地の活用や農業家さんとの連携を目指します。
京都の地域が元気になるようなカタチでビジネスに取り組むことが、自社の姿勢です。


aromatic きょうと
紹介 ソーシャルアロマセラピスト
住所 〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽155-5
電話 080-1511-6818
FAX 0774-32-3287
営業時間
定休日
ホームページ http://www.aromatic-kyoto.com/

▲PAGE TOP